老けない人は「腸の若返り」ができている!

30代から進行する認知症はこう予防する

このように、活性酸素は腸や脳の老化や病気を引き起こす大きな要因となっているのですが、その発生を完全に食い止めることはできません。呼吸によって取り込まれた酸素のうち2%は活性酸素と化すからです。先ほど触れたように、活性酸素は有用な働きもするため、まったくの悪者ではないのですが、現代人の多くは、活性酸素がつくられやすい環境にあるといえます。化学物質や紫外線、電磁波などにさらされ、食生活からも日々酸化した食物を摂っているからです。

体と脳をサビから守ってくれる抗酸化酵素「SOD」

活性酸素を何とかしなければならないのはいうまでもありませんが、発生を食い止められないからこそ、人体は活性酸素による細胞へのダメージを防ぐシステムを用意しています。それは「抗酸化酵素」と呼ばれる体内酵素です。その代表的なものにSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)と呼ばれるものがあります。

SODは活性酸素を酸素と過酸化水素に分解し、中和します。そして、SODによって分解されて生じた過酸化水素は、さらにカタラーゼとグルタチオンペルオキシダーゼという体内酵素によって酸素と水に分解され、無害化されるのです。つまり、体内でSODが産生されれば、細胞を若く元気な状態に保つことができるというわけです。

ただ、SODは中年期以降になると急激に産生量が低下していきます。加えて腸が老化し、腸内細菌の働きが悪くなれば、ますます産生量が減っていきます。だからこそ、働き盛りの年代から、腸の環境を整えて健康を維持し、認知症の防止をしておいたほうがいいのです。

ある年齢を境に急に老け込み出した人は赤信号です。ただでさえ作られにくくなっているSODが、腸の老化で輪をかけて少なくなり、活性酸素による細胞の老化を食い止めることができなくなっている状態と考えられるからです。見た目の老化はもちろん、気力がなくなる、気持ちが沈むといった精神面の老化も、大本は腸が一気に老けて、体内酵素をつくり出せなくなっているといえます。

SODの産生量の低下を緩やかにし、腸がいつまでも若く健康に働けば、身体も脳もサビません。身体も頭も健康な状態で、与えられた寿命を生き抜くことも不可能ではないのです。つまり、認知症700万人時代の最善の予防策は「腸」の若返りにある、といっても過言ではないのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。