優先すべきは企業と家計の所得を増やすこと

法人減税に向けた明確な道筋がほしい

企業も座して死を待つわけにはいかない。弱い企業は退場しろという経済政策の方向性が明確になるほど、生き残りのための必死度が増す。目の色を変えて自助努力をする企業が増え、消え去る企業を数で上回れば、全体としての景気も上向き、個別銘柄株価の平均値である日経平均やTOPIXも上がる傾向になっていくのだろう。

銘柄ごとの株価格差が一段と拡大することで、投信などのアクティブ運用をする機関投資家の優劣も明確になる。個人投資家も同じで、運用成果の格差は広がるだろう。もちろん、筆者を含めた専門家の優劣も同様だ。考えてみれば、誰もが生き残る状況より健全なのではないだろうか(特に専門家)。もちろん、再チャレンジの機会を与えられる必要はあるだろうが。

二進一退の展開で徐々に不安から脱却

こうして長期的な観点から銘柄間の株価格差が広がると見ているが、今週の相場についてはどうか。19日(月)に発表されるGDPなど中国の経済指標は減速色を示すだろうが、すでに懸念されている通りでネガティブサプライズにはなりにくい。

注目は引き続き米国企業の7~9月期の決算内容と、国内内需系の業界統計(9月の百貨店、スーパー、コンビニエンスストアの売上高)、前述の日銀さくらレポートなどで、国内景気の底固さの度合いを恐る恐る確認するのではないだろうか。

こうして国内株式市場は内外のデータを確かめながら、徐々に不安からの脱却が進むと期待されるが、一気に市況好転となるのは難しく二進一退の展開が持続すると見込む。日経平均株価は1万8100~1万8700円と、10月9日(金)の戻り高値である1万8438円水準超えを予想する。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT