山陽新幹線、連結してみて何がわかったか

JR西の事故復旧訓練で得られた"気づき"

続いて、メーンイベントである新幹線の連結が始まった。搬送用仮台車を付けて停止している500系新幹線に、700系新幹線が微速走行と停止を繰り返しながら近づいてきた。両者が2メートルまで近づいたところでいったん停止。両者の連結器の位置確認が行われた。

画像を拡大
連結作業には予定以上の時間を要した

500系新幹線はジャッキアップしているので、通常より数センチほど位置が高い。その分だけ500系の空気ばねの空気を抜いて連結器を下にずらし、連結ができるようにした。

しかし、この後に問題が起きた。連結器の接続はできたものの、電気系統のケーブルや空気ブレーキのホースの接続に手間取ったのだ。さらに、500系のブレーキ確認に予想外の時間がかかってしまった。安全確認が終了して連結された両方の列車がようやく動き出したのは、予定時刻を30分以上上回っていた。

「今回は昼間で平地だったのに手間取ってしまった。夜間だったり、雨が降っていたり、地盤に傾斜が着いていたり、あるいはトンネル内だったり、橋の上だったりしたら、さらに難しくなる」(JR西日本の作業スタッフ)。確かに、訓練でさえ予定以上の時間がかかるのだから、環境がまったく違う実際の復旧作業はさらに大変なはずだ。

鉄道会社に求められる対応とは?

自分が乗っている列車がトラブルに遭遇したとき、当初伝えられた復旧時刻を過ぎても復旧せず、やきもきした経験は誰でもあるだろう。復旧作業の状況が乗客に逐次伝えられれば、多少の不満は解消されるはずだ。

さらにいえば、復旧作業には時間がかかること、時間どおりに進まない可能性があることを、鉄道会社は一般の人にもっと知ってもらう努力をすべきである。こうした復旧訓練を一般に公開するような方法も考えられるだろう。

レールの交換や連結作業で現場の作業員は多くの気づきを得たはずで、それは今後の作業手順の改善につながるに違いない。この気づきは、広報も含めた全社レベルで広がってこそ本物となる。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。