太陽電池産業は冬の時代、業界再編は避けられない--サンテック・パワーCEO 施正栄

──厳しい経営環境です。

業界は冬の時代とも言うべき状況です。補助金政策の縮小を機に、急激に太陽電池パネルの価格が下落したためです。しかしこの時期に、上位メーカーの寡占は着実に進みつつあります。2011年7~9月期には、上位6社のシェアは合計60%と直近四半期に比べて5ポイント上昇しました。もちろんサンテックは業界首位の地位を維持できました。直近の業績については確かに赤字ですが、同10~12月期の売上高は従来予想を1割以上上回る見通しです。今後は順調に回復に向かうでしょう。

私たちにとってより重要なのは、サンテックの技術力やブランド価値に対する世界的な認知が11年に高まったことです。たとえば米テクノロジー・レビュー(マサチューセッツ工科大学発行の科学技術誌)の「最も革新的な50社」に選ばれました。技術革新、品質向上に経営資源を注いできた成果です。この点からすると、11年は私たちにとってすばらしい1年だったともいえます。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT