原発事故から1年、全国、全世界で脱原発集会が開催

原発事故から1年、全国、全世界で脱原発集会が開催

東日本大震災、福島第一原発事故発生からちょうど1年。3月11日の前後には、全国で数多くの追悼集会や震災復興、脱原発に関するイベントが開催される。

「311脱原発~祈りと一歩~」と題したキャンペーンもその1つ。東京・日比谷公園噴水前特設ステージで開催される「ピース オン アース ステージ」や国会議事堂を人間の鎖で囲む「3・11 原発ゼロへ! 国会囲もうヒューマンチェーン」、「原発いらない!3・11福島県民大集合」など90近い集会やイベントなどが全国で計画されている。

このうち「ピース オン アース ステージ」には、音楽家の坂本龍一氏や映画監督の岩井俊二氏らが参加。福島県郡山市で開催される「原発いらない!3・11福島県民大集合」には、歌手の加藤登紀子氏らのコンサートのほか、作家の大江健三郎氏らの連帯あいさつも予定されている。
 
 同キャンペーンに関係した集会やイベントは北は北海道・札幌市から南は沖縄県・与那国島に至るまで全国各地で開催される。
 
 詳しい情報はhttp://nonukes.jp/参照。また、世界各地の脱原発に関する集会やイベントは「脱原発世界会議」のホームページ(http://npfree.jp/)から知ることができる。

写真:「311脱原発。~祈りと一歩~」の合同記者会見(3月8日)

(岡田広行 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。