大和証券は独立を維持できるか、格下げ阻止へリストラ加速

大和証券は独立を維持できるか、格下げ阻止へリストラ加速

厳しい経営環境に苦しんできた証券界にとって、年初来の株式市況の回復は「干天の慈雨」となっている。業界2位の大和証券グループ本社も、2月は月次で今期最高の業績となった可能性がある。昨年末に230円台まで下落した同社の株価も340円台まで戻してきた。

持ち株会社である同社は、4月に中核子会社の統合を控えている。リテール(個人)業務を担う大和証券とホールセール(法人)業務の大和証券キャピタル・マーケッツ(CM)が合併する。住友銀行(現三井住友銀行)との合弁設立のために分社化し、持ち株会社を設立したのが1999年4月。2009年末には合弁を解消して独立系へ復帰。そして4月には13年ぶりに総合証券として再スタートを切る。市況回復が続けば、その門出を祝うことになる。

投資不適格寸前 元凶は赤字の法人部門

しかし、今の大和に気を緩める余裕はない。昨年11月に米格付け会社のムーディーズから投資不適格寸前の「Baa3(見通しはネガティブ)」へ格下げされて尻に火がついている。1月末に発表した今期第3四半期(11年10~12月期)決算では連結純損失が216億円へ拡大、第1~3四半期累計の赤字は504億円まで膨らんだ。法人部門の7四半期連続赤字に加え、リテールや資産運用部門も大幅減益となり、投資不適格転落が一段と現実味を帯びた。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。