大和証券は独立を維持できるか、格下げ阻止へリストラ加速

大和証券は独立を維持できるか、格下げ阻止へリストラ加速

厳しい経営環境に苦しんできた証券界にとって、年初来の株式市況の回復は「干天の慈雨」となっている。業界2位の大和証券グループ本社も、2月は月次で今期最高の業績となった可能性がある。昨年末に230円台まで下落した同社の株価も340円台まで戻してきた。

持ち株会社である同社は、4月に中核子会社の統合を控えている。リテール(個人)業務を担う大和証券とホールセール(法人)業務の大和証券キャピタル・マーケッツ(CM)が合併する。住友銀行(現三井住友銀行)との合弁設立のために分社化し、持ち株会社を設立したのが1999年4月。2009年末には合弁を解消して独立系へ復帰。そして4月には13年ぶりに総合証券として再スタートを切る。市況回復が続けば、その門出を祝うことになる。

投資不適格寸前 元凶は赤字の法人部門

しかし、今の大和に気を緩める余裕はない。昨年11月に米格付け会社のムーディーズから投資不適格寸前の「Baa3(見通しはネガティブ)」へ格下げされて尻に火がついている。1月末に発表した今期第3四半期(11年10~12月期)決算では連結純損失が216億円へ拡大、第1~3四半期累計の赤字は504億円まで膨らんだ。法人部門の7四半期連続赤字に加え、リテールや資産運用部門も大幅減益となり、投資不適格転落が一段と現実味を帯びた。


人気記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。