ドコモ独り負けで窮地 6年ぶり契約者純減も

新規の契約者数がもともと少ない2月は、さらに厳しい数字となる可能性がある。業界内に「ドコモ契約者数の純減もありうる」との声もあり、危機感を強めている。純減となれば、6年ぶり2回目の非常事態だ。

先行きも楽観できない。総務省は2月末、ソフトバンクに900メガヘルツ帯の電波を割り当てると決めた。ソフトバンクは7月からこの電波を利用したサービスを開始。900メガヘルツ帯は山間部や建物内でも届きやすく、ドコモやKDDIの独壇場だった地方都市で契約者を増やす戦略だ。

ドコモは「iモード」のような独自機能を搭載できないアイフォーンとこれまで距離を置いてきた。が、その戦略を見直す日が近づいているのかもしれない。

NTTドコモの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(本誌:麻田真衣 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2012年3月10日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT