欧州の予測できない「3つのリスク」とは何か

ギリシャ危機よりも深刻になる可能性

さて、いよいよ中山(競馬場)開催でありまして、本格的に秋競馬の季節がやって参りました! 今回も年末までよろしくお付き合いのほどを。
今週はスプリンターズSです。

スプリントですから距離は1200メートルで、力のある馬が押し切るというイメージをお持ちかもしれませんが、実はそうでもありません。

実際には前走6着~8着あたりの馬も健闘しており、このあたりが人気薄になった場合はマークしておく必要があります。

一方、前走が2けた着順といったような不成績の場合、過去の例では昨年のストレイトガールくらいで、これは相当な潜在能力があることが前提条件でそれ以外は馬券対象から消しても良さそうです。

ミッキーアイルとストレイトガールは抜けている

本命サイドを押さえておいて、人気薄に流す馬券作戦をとるとして、では頼りになる本命馬はどれでしょう。

やはり、ミッキーアイル、ストレイトガールは実績的にちょっと抜けている感じがします。ミッキーアイルは安田記念15着の大敗後の放牧開けという危ない感じもしますが、まさに昨年のストレイトガールのパターンで、このくらいの潜在能力がある馬なら、一気に駆け抜ける可能性は大で、人気になりそうですが、やはり拾うべきでしょう。

「渋い」ところでは武豊騎手が昨年から「右回りが良い」と明言していたベルカント。馬の自力も去ることながら、確かに昨年の新潟(左回り)で右へ右へと走っていたので、右回りになると一気に変わる可能性はあり。

追い切りの調子も良さそうですし、屋根はその武豊騎手なので、ここはマークしておきましょう。はてさて、結果はいかに??

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT