中国、今どきの春節商戦事情、帰省費用に月給2カ月分、若者・富裕層は繁華街からネット・海外へと広がる

春節(旧正月)は中国人にとって各地で働いている親族一同が故郷に戻り、大家族で過ごす大事な日だ。そのため帰省ラッシュが経済的視点で見れば、中国最大の連休であり商戦期であることはご存じの読者も多いことだろう。
 
 春節商戦というと、何かと国内商戦や海外買い物ツアーが目立つが、多くの中国人は儒教的思想の下、せめて旧正月の元旦だけでもと、年配の家族の下に大家族が集い、食卓を囲む。

「団らん」とはいえ、そのほのぼのとした言葉の響きとは裏腹に、日本のお年玉のような痛い出費も覚悟のうえ、帰郷する。今年は場の勢いか、ネット上で「帰郷でかかる費用」を、知らない者同士でさらし合うということが行われ話題となった。このことは、ニュースでもしばしば取り上げられた。



■親や子に渡す中国版「お年玉袋」(紅包)が多数売られている


 沿岸部でホワイトカラーとして成功した人たちの赤裸々な声を聞くと、彼らは帰郷すれば子供だけではなく親へも「紅包」なるお年玉を与える。親が喜びそうなデジカメや携帯電話などを買い与え、また、地元の幼馴染みらと付き合いで飲み明かすため、帰郷の出費は月収程度では済まないのだという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT