中国、今どきの春節商戦事情、帰省費用に月給2カ月分、若者・富裕層は繁華街からネット・海外へと広がる

春節(旧正月)は中国人にとって各地で働いている親族一同が故郷に戻り、大家族で過ごす大事な日だ。そのため帰省ラッシュが経済的視点で見れば、中国最大の連休であり商戦期であることはご存じの読者も多いことだろう。
 
 春節商戦というと、何かと国内商戦や海外買い物ツアーが目立つが、多くの中国人は儒教的思想の下、せめて旧正月の元旦だけでもと、年配の家族の下に大家族が集い、食卓を囲む。

「団らん」とはいえ、そのほのぼのとした言葉の響きとは裏腹に、日本のお年玉のような痛い出費も覚悟のうえ、帰郷する。今年は場の勢いか、ネット上で「帰郷でかかる費用」を、知らない者同士でさらし合うということが行われ話題となった。このことは、ニュースでもしばしば取り上げられた。



■親や子に渡す中国版「お年玉袋」(紅包)が多数売られている


 沿岸部でホワイトカラーとして成功した人たちの赤裸々な声を聞くと、彼らは帰郷すれば子供だけではなく親へも「紅包」なるお年玉を与える。親が喜びそうなデジカメや携帯電話などを買い与え、また、地元の幼馴染みらと付き合いで飲み明かすため、帰郷の出費は月収程度では済まないのだという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT