おとなのけんか --「政治と経済」と「本音と建前」《宿輪純一のシネマ経済学》

2006年の初演だが世界各地の公演で大好評を博している舞台劇(コメディ)の映画化である。まず気がつくのが、キャストや原作者、そして監督も超豪華ということだ。

フランス人の女性劇作家ヤスミナ・レザの原作で、レザは、演劇界でもたいへん高い権威のあるトニー賞とオリヴィエ賞とを受賞している。ちなみに演劇界のアカデミー賞といわれる「トニー賞」は、正式名称をアントワネット・ペリー賞という。トニーとはアントワネットの愛称だ。米国の演劇とミュージカルの賞で最も権威のあるもので、女優・演出家で米演劇界の功労者、アントワネット・ペリーの呼びかけで1947年から開始された。オリヴィエ賞は正式名称ローレンス・オリヴィエ賞といい、名優ローレンス・オリヴィエの名前が付されている。こちらは英国のトニー賞ともいわれるもの。



 監督は、アカデミー賞受賞の名監督、ロマン・ポランスキー監督! 1933年生まれのポーランド人で、ナチの弾圧を受けた。63年に米国に渡り、『ローズマリーの赤ちゃん』『チャイナタウン』などの秀作を監督。暴行事件で有罪判決を受けたが、釈放中の78年にフランスに逃亡。その後『戦場のピアニスト』でアカデミー賞を受賞するも、米国内の受賞式には逮捕の可能があり、参加せず。

キャストも演技派ぞろい。『羊たちの沈黙』のジョディ・フォスターは2回のアカデミー主演女優賞受賞(最近、パニック系の映画が多いが)、『タイタニック』のイギリス人、ケイト・ウィンスレットは6度のアカデミー賞ノミネート、『イングロリアス・バスターズ』のオーストラリア人、クリストフ・ヴァルツはアカデミー助演男優賞受賞、かっこよくない米国人役がぴったりの名脇役、ジョン・C・ライリーはアカデミー賞ノミネート者となかなかに豪華。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。