緊縮策を実施すれば経済は回復するのか--ロバート・J・シラー 米イェール大学経済学部教授

バーナード・マンデヴィル(オランダ生まれの英国人哲学者・風刺詩人)は、今では古典とされている『蜂の寓話-個人の悪徳は公共の利益』(1724年)を韻文の形で著した。繁栄を謳歌していた蜂の社会が突然、節制という美徳を実行したため、過剰な支出やぜいたくがすべて姿を消した。それでこの社会はどうなったのだろうか。

〈土地と家屋の値段が下がる。テーベの場合と同じく、演奏で壁が建てられた豪華な劇場も貸しに出された。(中略)建築業はまったくだめになり、職人たちには仕事がない。(中略)残った者もつつましく、日々の生活にただあくせくとしている〉

この話は、金融危機を受けて緊縮策を打ち出した先進諸国が今経験していることとそっくりだ。マンデヴィルは、今の時代を予言した本物の予言者だったのだろうか。

『蜂の寓話』は多くの支持者を得る一方、大きな論争を巻き起こした。それは今日まで続いている。欧州をはじめとする世界中の国々の政府が緊縮策を採り、また個人が支出を切り詰めることによって、世界が不況に突入するおそれが出てきた。

緊縮策に関するマンデヴィルの見方が正しいかどうかを、どのように判断できるのだろうか。理論を長い韻文型式で表現するという彼の手法では、現代人は納得しない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。