ソニーCEOに平井一夫氏、傍流出身に再建の重荷

その手腕が買われ、07年にSCEの社長に就任。そして帰国子女ならではの英語力を武器に、急速にストリンガー氏と距離を縮めていった。

09年には、“四銃士”と呼ばれる若手幹部4人の一人に抜擢。ソニー本体出身のライバルたちがテレビ事業を再建できずに脱落する中でストリンガー氏が選んだのは、お気に入りの平井氏だった。

平井氏もエレキ事業の経験がなく、社内で“外様”と見られている。昨年からエレキ事業の改革に取り組み、「週に一度は各事業部長らとミーティングし、その後は飲みに行って意見交換している」と関係良好をアピールするが、再建は容易でないだろう。

傍流出身の新社長は、ソニーをどう救うのか。改革は待ったなしだ。

ソニーの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(本誌:前田佳子 撮影:風間仁一郎 =週刊東洋経済2012年2月11日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。