ミネベアが日本政策投資銀行と資本・業務提携、その狙いとは?

ミネベアが日本政策投資銀行と資本・業務提携、その狙いとは?

ミニチュアベアリング最大手、ミネベアは2日、日本政策投資銀行(以下、政投銀)と業務・資本提携契約を締結したと発表した。

まず、ミネベアが総額約77億円の転換社債型新株予約権付社債(転換社債)を発行。第三者割当によって全額を政投銀に割り当てる。償還期限は5年。社債転換にはミネベアが保有する自己株2千万株を充当する。

さらに、M&Aに必要な助言を政投銀から受けたり、政投銀と共同で大型M&Aを実行したりすることを計画している。M&Aの対象を共同で選定するほか、ミネベアと政投銀が共同で出資し、M&Aのための特別目的会社を設立するケースを想定。政投銀のほか、政投銀が招へいした投資家グループが買収に加わる可能性もあるという。特別目的会社に対する出資比率は、買収案件によって、そのつど検討する。

ミネベアは2月3日、東京都内で2011年4~12月期(第3四半期累計)決算・新中期事業計画説明会を開催。この席で貝沼由久社長は政投銀との提携の狙いについて、「(主力事業である)機械加工品の成長戦略の中に、国際M&Aを取り入れるため」と語った。

さらに、政投銀との提携を決めた背景について、「政投銀はエクイティ(株主資本)を持つことを許されている銀行であり、投資と融資を一体にして実行するという目的がある。いっしょにエクイティを保有し、買収対象会社から上がってくるキャッシュフローをもって、会社の価値を上げていくことができる」(貝沼社長)と説明。提携によって、ミネベア単独では実現が難しかった大型M&Aに、柔軟に取り組むことができるようになる、と話した。共同出資の対象となる”大型M&A”の定義については「(買収金額)500億円以上」を目安とした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT