「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

赤身肉だけを食べるダイエットの行方

また気にかかるのが、11月29日の目標達成後、リバウンドする可能性だ。これでは、宣伝の効果も半減してしまう。原さんは同社にいる限り、とまでは言わないまでも、今後数年間はベスト体重を維持する必要があるだろう。

ただ、TAKAさんの言葉が励みになるかもしれない。

「40代の最後を前にして、無呼吸症候群で一生治らないと医師に言われました。でも体脂肪を落とした今では、まったく悩まされていない。AGEも20代並と、医師に太鼓判を押されています」(TAKAさん)。

AGEとは体内のたんぱく質が糖化されてできる物質で、老化のバロメーターとなっている。見た目の老化だけでなく、血管や内臓の老化、つまり生活習慣病とも直結するため、近年注目が高まっている。糖化は余分な糖質が体内に蓄積することによって起こるため、その点では肉ダイエットは理にかなっているわけだ。

ダイエットとは相反するメニューも

これが「花畑牧場十勝ラクレットビーフペッパーライス」だ

記者会見の最後にはおまけのように、同社の展開する別業態「ペッパーランチ」の新メニュー「花畑牧場十勝ラクレットビーフペッパーライス」の試食が行われた。ラクレットはスイスやフランスのサヴォア地方で作られているチーズで、北海道の花畑牧場では一つひとつ、手作りされている。

一瀬社長と花畑牧場の田中義剛社長が意気投合し、コラボレーションが実現した同商品は、期間限定メニューとして9月11日から発売された。

あいにく、ダイエットとは相反するメニューのようだが、熱い鉄板の上で音を立てるペッパーライス、そして肉を混ぜたところに、熟成に3カ月を要したチーズを絡めた様子は何とも食欲をそそる。TAKAさんも、記者会見当日を「なんでも食べてよい日」に当てていたようだ。

さて、毎度驚きのある、「いきなり!ステーキ」の次なる展開が待たれるが、なんと一瀬社長は自身で、オリンピックのロゴを考案したという。採用されるのを目指しているというよりは、話題づくりが目的のようだ。手描き調のなかなか力強いデザイン。フェイスブックにもアップしているそうなので、気になる方はご覧頂きたい。実は、「ペッパーランチ」のロゴも自身で手書きしたものなのだそう。

「いきなり!ステーキ」を支える三大要素である、革新的なビジネスモデル、ブーム、リピーター客にもう一つ「社長及び社員のユニークさ」が加わりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。