「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

赤身肉だけを食べるダイエットの行方

医師と相談の上ではあるが、必要なたんぱく質をステーキからとるために、毎日300グラムを食べ続けるのだという。加えて、筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。

経過は都度、ホームページやフェイスブック、YouTubeで公開される。またアイディアを提案したのは、同社の一瀬邦夫代表取締役社長だ。

「赤身のステーキでヘルシーになれることを、皆さんにアピールして頂きたい。筋肉質体型になったあかつきには、『Mr.いきなり!ステーキ』として活躍して欲しい」(一瀬社長)と、原さんへの期待を語った。

もともとは冗談混じりに、「イケメンなんだから、痩せたらいけるんじゃないか」と、原さんに声をかけていたことがきっかけだそうだ。それがいつの間にか会社全体での企画に広がって行った。

体脂肪を落とすために肉を食べる

マスコミ媒体やホームページなどで裸をさらすハメになり、「こんなことになるとは」と苦笑する原さんだ。だが、もともと自身がさまざまな宣伝企画を行ってきただけに、効果的な演出を次々と考えている。第一弾として、社長や原さんその他、ペッパーフードサービスの社員が演じた、ドキュメントドラマ原リーマンの挑戦をYouTubeで公開した。

また、途中経過での体重を当てられたら「いきなり!ステーキ」の肉マイレージカード3000円分が当たるクイズキャンペーンも展開中だ。今後はKARAのダイエットエクササイズと連携した企画も検討しているという。

今回の着想の経緯をさらにさかのぼると、2014年7月から2015年8月にかけ、通算158キログラムのステーキを食べた、伝説的なリピーターの存在にたどり着く。通称TAKAさんという男性だ。記者会見では、TAKAさんも登場して自身の体験を述べ、原さんにエールを送った。

「医師のすすめで体脂肪を落とし始めました。試行錯誤の後、一番いい方法として行き着いたのが『いきなり!ステーキ』で肉を食べることでした」(TAKAさん)

次ページご飯などの炭水化物はNG
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。