「ザ・ステーキ六本木」は、やっぱりスゴかった

基本サイズが1ポンド(約450グラム)!

「ザ・ステーキ六本木」の1ポンドステーキ(450グラム/3700円)

ここ数年、「空前」とも言えるほどの肉ブームが到来している。世界的にもそうだが、特に日本では「肉好き」「肉食」を自認する人も増えているようだ。これまで初デートなどではタブーとされていた焼き肉が、今は婚活にも一役かっているという。

「とにかく肉をガンガン食べよう」というコンセプトの店は、東京都心を中心に急増している。キャッチフレーズ(肉でダイエット!)や店の雰囲気を工夫することで、女性にとってはちょっと恥ずかしかった「肉好き」がポジティブに受け止められることが、今のブームを盛り上げるひとつの側面となっているようにも感じられる。

コンセプトは「肉をガッツリ食らう!」

ステーキ激戦区のひとつである六本木に3月20日に開店した、その名も「ザ・ステーキ六本木」も、肉食を大いに奨励するタイプのステーキ店である。

同店のメニューは、実にシンプル。メインは1ポンドステーキ(450グラム/3700円)、1/2ポンドステーキ(230グラム/2200円)の2種類のみで、あとはサラダや、付け合わせのコーン増量、お代わり用のライスなど。飲み物もビールと赤ワイン、ソフトドリンクだけだ。

さらにオープン当初、アルコールはビールのみしか置いておらず、しかも2杯までという制限が設けられていた。もちろん「回転率を上げて原料費のコストをカバーする」というビジネス的な理由もあるが、店の特徴を客に強くアピールするためでもある。

「当店のコンセプトは『肉をガッツリと食らう』こと。そこであえて、メニューを極限までシンプルにしたのです」(ダイヤモンドダイニング マーケティング戦略本部の河内哲也クリエイティブ担当本部長)。「『みんな本当は肉、食べたいでしょう? じゃあ、食べてください』というふうに、コンセプトをストレートに伝えたほうが、お客様からの反応がいいですね」(阿部克巳プロモーション担当本部長)。

次ページ「ライオンのように肉を食らって欲しい」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT