「ザ・ステーキ六本木」は、やっぱりスゴかった

基本サイズが1ポンド(約450グラム)!

「ザ・ステーキ六本木」の1ポンドステーキ(450グラム/3700円)

ここ数年、「空前」とも言えるほどの肉ブームが到来している。世界的にもそうだが、特に日本では「肉好き」「肉食」を自認する人も増えているようだ。これまで初デートなどではタブーとされていた焼き肉が、今は婚活にも一役かっているという。

「とにかく肉をガンガン食べよう」というコンセプトの店は、東京都心を中心に急増している。キャッチフレーズ(肉でダイエット!)や店の雰囲気を工夫することで、女性にとってはちょっと恥ずかしかった「肉好き」がポジティブに受け止められることが、今のブームを盛り上げるひとつの側面となっているようにも感じられる。

コンセプトは「肉をガッツリ食らう!」

ステーキ激戦区のひとつである六本木に3月20日に開店した、その名も「ザ・ステーキ六本木」も、肉食を大いに奨励するタイプのステーキ店である。

同店のメニューは、実にシンプル。メインは1ポンドステーキ(450グラム/3700円)、1/2ポンドステーキ(230グラム/2200円)の2種類のみで、あとはサラダや、付け合わせのコーン増量、お代わり用のライスなど。飲み物もビールと赤ワイン、ソフトドリンクだけだ。

さらにオープン当初、アルコールはビールのみしか置いておらず、しかも2杯までという制限が設けられていた。もちろん「回転率を上げて原料費のコストをカバーする」というビジネス的な理由もあるが、店の特徴を客に強くアピールするためでもある。

「当店のコンセプトは『肉をガッツリと食らう』こと。そこであえて、メニューを極限までシンプルにしたのです」(ダイヤモンドダイニング マーケティング戦略本部の河内哲也クリエイティブ担当本部長)。「『みんな本当は肉、食べたいでしょう? じゃあ、食べてください』というふうに、コンセプトをストレートに伝えたほうが、お客様からの反応がいいですね」(阿部克巳プロモーション担当本部長)。

次ページ「ライオンのように肉を食らって欲しい」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • イマドキのLINE事情
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。