【産業天気図・外食】少子高齢化が響き市場縮小。飲酒運転取り締まり強化も逆風

外食産業は07年度にかけて「曇り」模様が続きそうだ。
 外食市場は1997年をピークに市場規模は右肩下がりが続き07年度に向けても、その流れは変わりそうにない。主戦場は、ほぼ国内に限られており、少子化という「口」の減少、高齢化という「胃袋」の縮小がダイレクトに響く。市場全体の先行きは一向に光の見えない中、限られたパイをめぐり各社激烈な競争が続いている。
 各社とも、これまで既存店の売上高減を積極的な新規出店でカバーする戦略を採ってきたが、さすがに出店余地が限られてきており、新店攻勢はややピークアウト。代わりに店舗リニューアル強化に意欲を示している。また業界に共通して人員不足が深刻化し、都心部では時給1000円を超え始めている。
 業態別で見ると、昨今の飲酒運転の取り締まり強化が響き、今下期の忘年会需要を見込んでいた居酒屋が厳しい。大手のワタミ<7522.東証>は新規出店の減速に加え、既存店売上高は前期比4%減。パート人件費の大幅増も響き、通期業績見通しの減額を余儀なくされた。大庄<9979.東証>も今07年8月期について、競争激化による客数減が響き既存店売上高を3%減と見ている。各社ともメニュー改定等による単価引き上げに全力だが、客数減基調は続き、続く07年度も既存店は前年並みがせいぜいだろう。
 ファストフードはまだら模様だ。和食関連は注目の吉野家ディー・アンド・シー<9861.東証>が米国牛を使用した牛丼を復活。ただ牛肉調達量が不十分で07年度も上半期は時間限定販売が続き、回復は緩慢だ。他方で米国牛不使用のゼンショー<7550.東証>は、主力の「すき家」が安全性強調の奏功で既存店大幅増となった。
【風間直樹記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT