タイ復旧需要が追い風、強気の工作機械メーカー

昨年10月に発生し、日本企業も大きな被害を受けたタイの洪水。本格的な復旧が始まり、機械を造るための設備である工作機械が特需に沸いている。

日本工作機械工業会(日工会)は、被災した地域に約1万台の日本製工作機械が設置されていると推計。その入れ替えなどで最大約1000億円の需要が生まれるとみられる。これは、2011年の年間受注額(1兆3262億円、速報値)の1割弱に当たる。

すでに11~12月で約200億円の受注があったもようだが、その中心は被災した企業がタイ国外で代替生産するための設備。治水対策にメドがつくとみられる今春以降には、「タイ国内向けの需要が出てくる」(大手工作機械メーカー首脳)。

そんな中、日工会の横山元彦会長(ジェイテクト会長)は11日、12年の年間受注額が1兆2000億円になる、との見通しを明らかにした。欧州の財政問題や円高による設備投資の冷え込みで昨年より1割前後落ち込むが、それでも高水準で「昨年の同時期に比べ、見通しは明るい」(横山会長)という。

拠り所はアジア市場。タイの復旧需要に加え、昨夏以降、金融引き締めによる影響を受けて伸び悩んでいた中国向け受注が、昨年末に金融緩和に転じたことで今年は上向くとの目算がある。ASEAN(東南アジア諸国連合)も自動車関連を中心に設備投資が活発だ。

ただ企業間では、受注の見通しについて温度差がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自前の物流網を一気に拡大<br>アマゾンジャパンの真意

アマゾンジャパンで物流部門を長年統括するジェフ・ハヤシダ氏へのインタビュー。個人事業主に直接配送を委託する「アマゾンフレックス」の構想は4年前からあり、現在は首都圏中心の6地域ですが、今後3年で全国に広げることが明かされました。