新体制を迎える北朝鮮、経済開放の現実味

韓国政府は、金総書記の服喪期間を100日程度と見ているようだ。となると、金日成主席の誕生日である4月15日の「太陽節」ごろが、一つの節目になりうる。それまでにある程度体制固めをして、「強盛大国の大門を開く」としていた経済強化の年に臨むという計画が垣間見られる。

新体制を正恩氏の“後見人”でもある張成沢氏と、金総書記の妹である金敬姫氏の夫婦がサポートする可能性もある。金敬姫氏は、「金王朝」の唯一の血縁者。時には、彼女のカリスマを体制強化に利用することがあるかもしれない。

父の遺訓となった「経済改善」と「核大国」という、相反する目標を引き継いだ正恩氏。万全の体制は用意されているものの、正恩氏の前に立ちはだかる壁は厚い。

(週刊東洋経済2012年1月7日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 写真:Myouzke CC BY-SA

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT