新体制を迎える北朝鮮、経済開放の現実味

韓国政府は、金総書記の服喪期間を100日程度と見ているようだ。となると、金日成主席の誕生日である4月15日の「太陽節」ごろが、一つの節目になりうる。それまでにある程度体制固めをして、「強盛大国の大門を開く」としていた経済強化の年に臨むという計画が垣間見られる。

新体制を正恩氏の“後見人”でもある張成沢氏と、金総書記の妹である金敬姫氏の夫婦がサポートする可能性もある。金敬姫氏は、「金王朝」の唯一の血縁者。時には、彼女のカリスマを体制強化に利用することがあるかもしれない。

父の遺訓となった「経済改善」と「核大国」という、相反する目標を引き継いだ正恩氏。万全の体制は用意されているものの、正恩氏の前に立ちはだかる壁は厚い。

(週刊東洋経済2012年1月7日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 写真:Myouzke CC BY-SA

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング