三越日本橋本店の大改装計画、新館のメンズ館への業態転換案も浮上

三越日本橋本店の大改装計画、新館のメンズ館への業態転換案も浮上

苦戦が続く三越日本橋本店が、改装に向け動き出す。同店ではもともと、2015年3月期中をメドに、80億~90億円の資金をかけ改装を計画していた。その詳細は従来不明だったが、新館をメンズ館に全面改装するなど、抜本的な業態転換の案が浮上しているようだ。

三越伊勢丹ホールディングスの役員は11年秋ごろから、テナントのアパレル会社幹部にメンズ館に関心はあるか、話を持ちかけている。また「紳士業態が得意な伊勢丹との統合もあって、メンズ館へのリニューアルがアイデアとして浮上しているようだ」(別のアパレル大手幹部)という声も聞かれる。

日本橋本店の新館は04年に建て替えて開業。海外から調達した食品や雑貨など、他店にない品ぞろえを充実させたが、「1フロアのスペースが狭く、新コンセプトをうまく出せていなかった」(同)。

07年には地下1階に著名レストランによる持ち帰り用総菜の売り場を新たに導入。30代前後の若い客層を開拓することで浮上を目指したが、大きな改善効果は得られていないもようだ。

日本橋本店は震災のあった11年3月に3割近い落ち込みを記録。その後も毎月のように前年割れが続いている。開業後わずか8年での全面改装となれば、早期での立て直し策となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。