三越日本橋本店の大改装計画、新館のメンズ館への業態転換案も浮上

三越日本橋本店の大改装計画、新館のメンズ館への業態転換案も浮上

苦戦が続く三越日本橋本店が、改装に向け動き出す。同店ではもともと、2015年3月期中をメドに、80億~90億円の資金をかけ改装を計画していた。その詳細は従来不明だったが、新館をメンズ館に全面改装するなど、抜本的な業態転換の案が浮上しているようだ。

三越伊勢丹ホールディングスの役員は11年秋ごろから、テナントのアパレル会社幹部にメンズ館に関心はあるか、話を持ちかけている。また「紳士業態が得意な伊勢丹との統合もあって、メンズ館へのリニューアルがアイデアとして浮上しているようだ」(別のアパレル大手幹部)という声も聞かれる。

日本橋本店の新館は04年に建て替えて開業。海外から調達した食品や雑貨など、他店にない品ぞろえを充実させたが、「1フロアのスペースが狭く、新コンセプトをうまく出せていなかった」(同)。

07年には地下1階に著名レストランによる持ち帰り用総菜の売り場を新たに導入。30代前後の若い客層を開拓することで浮上を目指したが、大きな改善効果は得られていないもようだ。

日本橋本店は震災のあった11年3月に3割近い落ち込みを記録。その後も毎月のように前年割れが続いている。開業後わずか8年での全面改装となれば、早期での立て直し策となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT