テレ東「路線バスの旅」はどこまでガチなのか

「土スペ」看板企画のプロデューサーを直撃

――20回中、成功が15回、失敗が5回です。

出演者の皆さんは成功したいと思っています。目的地を決めた僕らとの真剣勝負ですから、失敗したら悔しい。でも作り手としては、成功か失敗かは二の次。そこにどういうストーリーがあったが重要です。

ルートはどの程度リサーチするのか

画像を拡大
リーダー役の太川さんがルートを決めることが多い (C)テレビ東京

――出発地と目的地はどうやって決めているのですか。

簡単に言うと「なんとなく」です(笑)。最初はこの時期だったらこの地方の景色がきれいだよねといった感じで決めていましたが、これだけ続くと、そうも言っていられない。今は、どこが空いているかなという感じです。

――前回のゴールが次回の出発地になっていた時期がありました。

美しいかなと思って(笑)。今もそれができればと思いますが、前回のゴールを出発地にすると、ゴール地点がなかなか見つからない。バス路線がつながらないんです。

――九州は西側を一度、行ったきりですね。

九州は路線バスがつながりにくい。特に、東側の宮崎―大分―福岡というルートはつながるんだけど、乗り継ぎの時間が空きすぎる。あまり時間が空くと、制限時間内にゴールするためには出演者が長時間歩かないといけない。

たぶん20キロ歩くのが限界で、50キロは無理。逆に九州の西側は、出雲市からスタートしても、福岡、熊本を抜けて鹿児島の枕崎までうまくつながりました。

県境は鬼門です。バス会社が違うので、直通でつながるルートがないことが多い。大きく迂回すれば隣の県に行くルートはあると思います。でも、それだと4日ではゴールに着けない。

――事前にリサーチはするんですか。

しますよ。ロケハンもします。事前にリサーチしたのに、行ってみたら見つけられなかったルートもあります。逆に、行ってみたら新たに見つかったルートもある。

こう進んだらゴールに着けるはず、という想定ルートはあります。でも、収録時にそのとおりにいくことはまずない。大体、想定ルートからそれていく(笑)。

次ページ番組から見えてくる「地方の現実」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。