新型iPhone購入意向は3割だけだった

日本のMMD研究所調べ

 9月9日、MMD研究所が実施した米アップルの新型iPhoneの購入意向調査によると、「購入したい」と「やや購入したい」を合わせた回答者数は30.4%となり、「あまり購入したくない」と「購入したくない」の42.2%を下回った。都内で昨年6月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 9日 ロイター] - MMD研究所(東京都渋谷区)が実施した米アップル<AAPL.O>の新型iPhone(アイフォーン)の購入意向調査によると、「購入したい」と「やや購入したい」を合わせた回答者数は30.4%となり、「あまり購入したくない」と「購入したくない」の42.2%を下回った。

購入したい理由は「興味があるから」が43.4%で最も多く、以下、「更新のタイミングだから」が39.7%で続いた。一方、購入したくない理由は「必要性がないから」が43.5%、「端末価格が高いから」が24.1%だった。

購入希望者に購入時期・予約について聞いたところ、最も多かったのは「予約はしないが、6カ月以内には購入したい」で38.2%、次いで「予約はしないが、3カ月以内には購入したい」が16.5%だった。

アップルはサンフランシスコで現地時間9月9日午前10時(日本時間10日午前2時)にイベントを開催。イベントではiPhone6Sのほか、テレビに接続して動画などを再生する次世代版「アップルTV」などの発表が予想されている。

過去の調査を振り返ると、iPhone5S・5Cの発売前の購入意向は58.4%、iPhone6の発売前の購入意向は35.8%と、購入意向は低下傾向にある。

調査期間は9月1日から3日。回答者はNTTドコモ<9437.T>、KDDI(au)<9433.T>、ソフトバンクのスマートフォン利用者各1000人の合計3000人。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT