新型iPhone購入意向は3割だけだった

日本のMMD研究所調べ

 9月9日、MMD研究所が実施した米アップルの新型iPhoneの購入意向調査によると、「購入したい」と「やや購入したい」を合わせた回答者数は30.4%となり、「あまり購入したくない」と「購入したくない」の42.2%を下回った。都内で昨年6月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 9日 ロイター] - MMD研究所(東京都渋谷区)が実施した米アップル<AAPL.O>の新型iPhone(アイフォーン)の購入意向調査によると、「購入したい」と「やや購入したい」を合わせた回答者数は30.4%となり、「あまり購入したくない」と「購入したくない」の42.2%を下回った。

購入したい理由は「興味があるから」が43.4%で最も多く、以下、「更新のタイミングだから」が39.7%で続いた。一方、購入したくない理由は「必要性がないから」が43.5%、「端末価格が高いから」が24.1%だった。

購入希望者に購入時期・予約について聞いたところ、最も多かったのは「予約はしないが、6カ月以内には購入したい」で38.2%、次いで「予約はしないが、3カ月以内には購入したい」が16.5%だった。

アップルはサンフランシスコで現地時間9月9日午前10時(日本時間10日午前2時)にイベントを開催。イベントではiPhone6Sのほか、テレビに接続して動画などを再生する次世代版「アップルTV」などの発表が予想されている。

過去の調査を振り返ると、iPhone5S・5Cの発売前の購入意向は58.4%、iPhone6の発売前の購入意向は35.8%と、購入意向は低下傾向にある。

調査期間は9月1日から3日。回答者はNTTドコモ<9437.T>、KDDI(au)<9433.T>、ソフトバンクのスマートフォン利用者各1000人の合計3000人。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT