GE金融事業、メガバンク系などが複数入札

同事業の資産価値は約50億ドルの見込み

 9月4日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の日本の金融・リース事業をめぐる入札に、オリックスや、三井住友フィナンシャルグループおよび三菱UFJフィナンシャル・グループのリース部門、三井住友トラスト・ホールディングスなどが応札した。写真はGEのロゴ。2014年6月撮影(2015年 ロイター/Vincent Kessler)

[4日 ロイター] - 米ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>の日本の金融・リース事業をめぐる入札に、オリックス<8591.T>や、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>および三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>のリース部門、三井住友トラスト・ホールディングス<8309.T>などが応札した。

複数の関係筋が4日、ロイターに明らかにした。

このニュースを最も早く報道した米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、同事業の資産価値は約50億ドル。

三井住友フィナンシャルグループの広報担当者はコメントを避けた。

オリックス、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友トラスト・ホールディングスからはコメントを得られていない。

GEキャピタルの広報担当者は、日本部門の売却手続きを進めていると明らかにしたものの、応札者に関するコメントを拒否した。

GEは4月、GEキャピタルの資産約2000億ドルの整理計画を公表。今回の日本部門売却はその一環。1次入札の締め切りを9月4日に設定していた。11月末までの最終合意を目指している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。