カリスマ「実演販売士」と新人の決定的な差

5つの差が売り上げ5倍の開きを生む

そしていよいよ開店の時間。まだまだ客足もまばらな中、太田氏、新人販売士ともに大声で一人しゃべりをはじめた。まるで客のいない舞台でしゃべり続ける芸人のようで、ちょっと切ない光景だ。これは「空卓(からたく)」といって、実演販売士にとっては基本のテクニック。自分の存在に気がついてもらい、客を呼び寄せる最初のきっかけをつくるのだ。勿論、ここでも太田氏のテクニックが光った。

重要なテクニック「オネェ言葉」

「オネェ言葉」は客の警戒心を解く便利なツール、と語る太田氏。
「差」を知れば世の中が違って見えるかも!?毎週日曜よる7時「この差って何ですか?」日曜よる7時から放送。「ドコモ・au・ソフトバンク…携帯電話の気になるアノ差」を大発表!さらに、自宅で簡単プロの味!名店シェフが作る、牛丼カツどん親子丼の差などを紹介します

2.使えるものは何でも使え!

なかなか客が寄り付こうとしない中、新人は必死に声を上げ続けた。一方、太田氏はと違った。

太田:ちょっと! そこのお兄さん。いいのよ、近くにいらっしゃい。近づいてみるのも勇気よ!

と、分かりやすい「オネェ言葉」を連発。もちろんこれは彼の重要なテクニックのひとつで、太田氏いわく、「オネェ言葉」は客の警戒心を解くにはとても便利なツールであり、使わない手はないとのことだ。

3.最初のチャンスを大事にせよ

太田氏は、最初の一組を捕まえたら、とにかくその客を長く引っ張ることに集中していた。特に子供連れの家族は狙い目で、実際に商品を手にとらせ、楽しくワイワイ体験をしてもらうと、その歓声をあげた子供たちが、他の客の引き寄せ役となり、あっというまに人だかりができるからだ。

せっかくつかんだ最初の客に、あわてて商品を買わせてリリースしてしまうのは、まさに愚の骨頂。急がばまわれ……急いては事を仕損じる……なんだか人生の教訓を聞いている気分になってくるから不思議だ。

そして、客足もピークになる時間帯。太田氏はさらなる「差」を見せつけてくれた。

4.事前の下準備に手間と時間をかけよ

分かりやすい差がついたのは、頑固な汚れも簡単に落とせるという特殊な布巾(ふきん)を販売しようとした時。新人販売士は、布巾の上にマジックで線を書き、それが簡単に水で剥がれ落ちるという現象で客をわかせた。一方、太田氏はというと……。

次ページ「あるあるな状況」で、欲しい気持ちを引き出す
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2019<br>信頼される会社は?

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。13回目となる今回はNTTドコモが2年連続、3回目のトップに。SDGs(持続可能な開発目標)など社会課題の解決で順位を上げた企業が目立った。