過熱する米ヤフー争奪戦、ソフトバンクも食指か

過熱する米ヤフー争奪戦、ソフトバンクも食指か

9月初旬にキャロル・バーツ前最高経営責任者(CEO)が突然解任されて以来、身売り話が進行している米ヤフー。ここへ来て、中国のネット大手アリババグループとソフトバンクによる買収観測が再浮上している。

アリババの馬雲(ジャック・マー)CEOはかねて「ヤフー買収に興味がある」と公言。アリババに出資するソフトバンクに共同での買収を持ちかけている。両社は2兆円の買収資金を用意するとの報道もある。ほかにも複数のファンドなどが興味を示しており、一部資産売却から完全な身売りまでうわさが錯綜している。

一時はネット業界の寵児ともてはやされたヤフーも創立早17年。グーグルなどのライバル台頭で収益が低迷し、2011年7~9月期の売上高は約12億ドル(約900億円)とグーグルの8分の1だ。株価も00年の全盛期から9割近く落ち込んでおり、かつての輝きはない。

08年にマイクロソフトによる買収提案を拒否した後、バーツ氏をCEOに迎えたが、主力の広告事業だけでなく、新たな収益源も育っていない。ただ「今でも月間7億人が利用するヤフーの巨大な顧客データベースはネット企業にとって魅力的」(ハイテク調査会社米ドリームスケープ・グローバルのシェリダン・タツノ氏)という声もある。

買収防衛の側面も

中国での事業が主力であるアリババにどの程度買収のメリットがあるかは未知数だ。ただ、同社は米ヤフーの保有する40%の自社株買い戻しに興味を示していたとされる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。