日本株の底入れがようやく近づいてきた?

テクニカル面から見れば株価は反転の可能性

1日の日経平均は724円安。NYダウも469ドル安となった。日本株はどこで底値を付けるのか(写真:共同通信)

9月1日の日本株は、日経平均株価が前日比724円安の1万8165円となるなど、再び大荒れになった。これを受けて同日のNYダウも前日比469ドル安の1万6058ドルとなった。

改めて、終わった8月の相場を眺めてみると、日経平均は高値2万0808円から安値1万7806円台まで急落した(終値ベース)。下げ幅は一時3000円超、下落率は15%近くに達した。

底入れを示唆する3つのシグナルとは?

それでも、8月下旬には中国の追加金融緩和や為替市場でドル円が落ち着く等、投資家心理がやや改善。国内の主力株の一部では自律反発の動きもみられた。

1日の相場を見ていると、株価はまだまだ下落しそうに見える。だが、代表的なテクニカル指標をみると、日本株は売られ過ぎの水準に接近、底入れを示唆する3つのシグナルがそろいつつある。もし戻りを試す流れとなった場合、9月はどう動くのか、需給面からの見通しを探ってみた。

8月にマーケットが揺れたのは、中国の人民元切り下げがきっかけだった。その中国では上海総合指数が3000ポイント台を割れた。また原油(WTI)が1バレル40ドル台、NYダウも1万6000ドル台をそれぞれ下回った。

しかし、先週の8月25日(火)の日経平均は、テクニカル指標では底入れを示唆する3つのシグナルがほぼそろったのである。すなわち①25日移動平均線から12%超と大きく下振れ、②騰落レシオ(後述)が67%まで低下、③信用評価損益率(8月21日申込時点)もマイナス11.7%まで悪化する等、売られ過ぎの水準に達していた。

次ページなぜ売られ過ぎと言えるのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT