《進化するノンアルコール飲料3/カクテル・梅酒》若い女性に人気、想定外の飲まれ方も

若い女性のノンアル需要を取り込んだのが、ノンアルコールカクテルだ。アサヒビールが10年9月から発売している「ダブルゼロカクテル」は、発売後すぐに人気に火がついた。11年の出荷計画はすでに2度も上方修正を行った。当初目標の100万ケース(1ケース250ミリリットル×24本で換算)から170万ケースまで販売量が伸びそうだ。

味は、ジントニックテイストでお酒特有の香りを表現したものや、シャルドネスパークリングテイストでワインをイメージしたものなど、「お酒らしさ」にこだわる。

「ジュースとの違いがわからないという消費者もいるが、ダブルゼロカクテルはジュースのような強い甘みはなく、酔ったように感じるほどお酒らしい味がするように開発した」とマーケティング部で「ダブルゼロカクテル」ブランドマネジャーの中田美緒子氏は言い切る。

「ダブルゼロカクテル」には、誕生秘話がある。通常、商品開発は市場を熟知したマーケッターが主導するが、「この商品はカクテル類の研究開発を担当する男性社員が、お酒を飲めない妻がお酒を飲んだ雰囲気を味わえる商品をこっそりと試作した」と、中田氏は明かす。これを社内で試飲したところ評判となり、商品化につながったのだ。「妻を笑顔にしたい」。ヒット商品の背景には、こんな個人的な動機があった。

購入する人の多くは、初めからビールや他のアルコールの代替品としてではなく、「ダブルゼロカクテル」をおいしくカロリーが低い新たな飲料として飲用している。実際、マーケティング側が想像もつかないような新たな場面で飲まれていることも多い。「残業中にリフレッシュしたいとき、朝にスッキリ目覚めたいとき、さらに飲み会後に水代わりに飲んでいる人もいる」(中田氏)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT