《進化するノンアルコール飲料3/カクテル・梅酒》若い女性に人気、想定外の飲まれ方も

若い女性のノンアル需要を取り込んだのが、ノンアルコールカクテルだ。アサヒビールが10年9月から発売している「ダブルゼロカクテル」は、発売後すぐに人気に火がついた。11年の出荷計画はすでに2度も上方修正を行った。当初目標の100万ケース(1ケース250ミリリットル×24本で換算)から170万ケースまで販売量が伸びそうだ。

味は、ジントニックテイストでお酒特有の香りを表現したものや、シャルドネスパークリングテイストでワインをイメージしたものなど、「お酒らしさ」にこだわる。

「ジュースとの違いがわからないという消費者もいるが、ダブルゼロカクテルはジュースのような強い甘みはなく、酔ったように感じるほどお酒らしい味がするように開発した」とマーケティング部で「ダブルゼロカクテル」ブランドマネジャーの中田美緒子氏は言い切る。

「ダブルゼロカクテル」には、誕生秘話がある。通常、商品開発は市場を熟知したマーケッターが主導するが、「この商品はカクテル類の研究開発を担当する男性社員が、お酒を飲めない妻がお酒を飲んだ雰囲気を味わえる商品をこっそりと試作した」と、中田氏は明かす。これを社内で試飲したところ評判となり、商品化につながったのだ。「妻を笑顔にしたい」。ヒット商品の背景には、こんな個人的な動機があった。

購入する人の多くは、初めからビールや他のアルコールの代替品としてではなく、「ダブルゼロカクテル」をおいしくカロリーが低い新たな飲料として飲用している。実際、マーケティング側が想像もつかないような新たな場面で飲まれていることも多い。「残業中にリフレッシュしたいとき、朝にスッキリ目覚めたいとき、さらに飲み会後に水代わりに飲んでいる人もいる」(中田氏)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT