【産業天気図・スーパー/コンビニ】スーパーに改善の兆し。コンビニは激しい競争続く

食品スーパーでは6月ごろから一品単価が上昇傾向にあり、デフレ脱却の兆しも。昨年ダイエー<8263.東証>や一部食品スーパーで店舗閉鎖があったことから、オーバーストアも若干改善されている。一部仕入れ面で原材料高騰の影響が出ているが、その影響をかわせれば今06年度の下期は増益となる企業が多いだろう。ただ少子高齢化など構造的に抱える問題が大きく、来07年度の業績動向は不透明だ。
 苦戦が続くのがコンビニ。業界の既存店売り上げはマイナス基調が続く(6月はたばこ増税前の駆け込み需要で23カ月ぶりにプラスとなったものの、他の月はマイナス)。セブン‐イレブン(セブン&アイ・ホールディングス<3382.東証>傘下)、ローソン<2651.東証>、ファミリーマート<8028.東証>の上位3社は出店増で増益基調が続きそうだが、他業態を含めた競争環境は依然厳しい。期待される新サービスも少なく、今後も企業間格差が拡大しそう。
【並木厚憲記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。