非上場化を「第2の創業」と位置づけたい--マスプロ電工社長 端山佳誠

MBOは当社にとって第2の創業。第1の創業はテレビの時代だった。第2の創業ではテレビが主軸ではあるものの、得意の高周波技術を基にして幅広い展開をしていきたい。目指す企業像は「マスプロはこんなこともやっているんだ」と驚かれるような会社。最終製品である必要はない。技術提供や製品の中に使われる部品であっても構わない。

「社会に必要とされ続ける企業」

すでに社員の意識改革は始まっている。MBO発表後、企業スローガンを「地デジをすべての人に届けたい」から「電波で未来を考える」に切り替え、新事業を積極的に育てていく方針をあらためて説明した。

そうしたところ、たくさんのアイデアが集まってきた。優先順位をつけながら取り組んでいくが、10のうち2つ成功させるくらいでいいと考えている。社員には「失敗してもペナルティはなし。二度同じ失敗をしなければいい」と伝えている。

ただし、創業者がつねに言っていた「よい考え・よい製品」という経営理念は不変だ。お客さんの立場になって製品は徹底的に考え抜いて作る。10年後も20年後も「社会に必要とされ続ける企業」であるように、前進を続けていきたい。

(週刊東洋経済2011年12月3日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT