キリン、注力の海外で「3度目の正直」なるか

ミャンマーの買収先はシェア8割の寡占企業

オーストラリアのビール市場は近年、日本と同様に縮小傾向にあり、今後についても大きな成長は期待できない。ブラジルは、世界最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ傘下のアンベブが6割超と圧倒的なシェアを握っている。強豪を突き崩して収益を急激に増やすのは難しい。

これに対し、ミャンマーはビール市場のさらなる伸びが期待できるうえ、買収するMBLの直近の業績は、売上高250億円、純利益は63億円と、企業規模が小さいながら収益性が高い。現在、ミャンマーのビール消費はほぼ外食向けのため、キリンは今後冷蔵庫の普及で家庭向けにも消費が広がることで、さらなる成長が見込めるとしている。

有力メーカーもミャンマーに参入

ミャンマー・ブルーワリーの買収会見で自信を見せた西村慶介執行役員。

ただ、有力市場には当然、同業他社も目をつける。今年に入り、カールスバーグやハイネケンといったグローバル大手がミャンマー市場に参入。圧倒的シェアを握るMBLも、安泰というわけではない。MBLは、キリンの商品開発力や製造技術を生かし、有力外資を迎え撃つことになる。買収後、キリンHDは取締役5人のうち社長以下3人を送り込む方針だ。

買収を発表した8月19日の会見で、「ブラジルとはスタートからシェアが違う。たとえ経済が悪くなっても打つ手はたくさんある」と、キリンHDの西村慶介・常務執行役員は自信をのぞかせた。オセアニア、ブラジルに続き、キリンにとって大型買収による海外ビール市場参入は“3度目の正直”。今度こそ期待通りの成果を上げられるか。誤算は許されない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。