グーグル、自宅用の新WiFiルーターを発表

アマゾンやウォルマートで販売へ

 8月18日、米グーグルは、自宅使用向けの新しいWiFi(ワイファイ)ルーター「オンハブ」を発表した。写真はロゴ、チューリヒで4月撮影(2015年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[18日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>は18日、自宅使用向けの新しいWiFi(ワイファイ)ルーター「オンハブ」を発表した。グーグル・プレイ・ストアやアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、ウォルマート<WMT.N>のオンラインストアなどで199.99ドルで購入予約ができる。

オンハブは円筒形でアンテナは内蔵されている。基本ソフトはアンドロイドのほかアップル<AAPL.O>の「iOS」も利用可能。オンハブを使うことで、コンテンツのダウンロードやストリーミングサービスでの動画視聴など大量のデータを取り扱う端末の通信スピードが最も速くなる環境が整う。

またグーグルによると、オンハブはアンドロイドやインターネット閲覧ソフトのクロームと同じように使用性能やセキュリティー機能も自動更新してくれる。

オンハブの投入は、グーグルが進めるコネクテッドホーム(住宅設備や家電などをインターネットで結びつけること)向け製品生産の一環。こうしたコネクテッドホームを含めた「モノのインターネット(IoT)」の世界的な市場は、調査会社インターナショナル・データ・コープが6月に示した見積もりでは2020年までに現在から3倍近く拡大して1兆7000億ドル規模になるという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。