グーグル、自宅用の新WiFiルーターを発表

アマゾンやウォルマートで販売へ

 8月18日、米グーグルは、自宅使用向けの新しいWiFi(ワイファイ)ルーター「オンハブ」を発表した。写真はロゴ、チューリヒで4月撮影(2015年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[18日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>は18日、自宅使用向けの新しいWiFi(ワイファイ)ルーター「オンハブ」を発表した。グーグル・プレイ・ストアやアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、ウォルマート<WMT.N>のオンラインストアなどで199.99ドルで購入予約ができる。

オンハブは円筒形でアンテナは内蔵されている。基本ソフトはアンドロイドのほかアップル<AAPL.O>の「iOS」も利用可能。オンハブを使うことで、コンテンツのダウンロードやストリーミングサービスでの動画視聴など大量のデータを取り扱う端末の通信スピードが最も速くなる環境が整う。

またグーグルによると、オンハブはアンドロイドやインターネット閲覧ソフトのクロームと同じように使用性能やセキュリティー機能も自動更新してくれる。

オンハブの投入は、グーグルが進めるコネクテッドホーム(住宅設備や家電などをインターネットで結びつけること)向け製品生産の一環。こうしたコネクテッドホームを含めた「モノのインターネット(IoT)」の世界的な市場は、調査会社インターナショナル・データ・コープが6月に示した見積もりでは2020年までに現在から3倍近く拡大して1兆7000億ドル規模になるという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT