グーグル、自宅用の新WiFiルーターを発表

アマゾンやウォルマートで販売へ

 8月18日、米グーグルは、自宅使用向けの新しいWiFi(ワイファイ)ルーター「オンハブ」を発表した。写真はロゴ、チューリヒで4月撮影(2015年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[18日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>は18日、自宅使用向けの新しいWiFi(ワイファイ)ルーター「オンハブ」を発表した。グーグル・プレイ・ストアやアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、ウォルマート<WMT.N>のオンラインストアなどで199.99ドルで購入予約ができる。

オンハブは円筒形でアンテナは内蔵されている。基本ソフトはアンドロイドのほかアップル<AAPL.O>の「iOS」も利用可能。オンハブを使うことで、コンテンツのダウンロードやストリーミングサービスでの動画視聴など大量のデータを取り扱う端末の通信スピードが最も速くなる環境が整う。

またグーグルによると、オンハブはアンドロイドやインターネット閲覧ソフトのクロームと同じように使用性能やセキュリティー機能も自動更新してくれる。

オンハブの投入は、グーグルが進めるコネクテッドホーム(住宅設備や家電などをインターネットで結びつけること)向け製品生産の一環。こうしたコネクテッドホームを含めた「モノのインターネット(IoT)」の世界的な市場は、調査会社インターナショナル・データ・コープが6月に示した見積もりでは2020年までに現在から3倍近く拡大して1兆7000億ドル規模になるという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。