ショック・ドクトリン〈上・下〉 惨事便乗型資本主義の正体を暴く ナオミ・クライン著/幾島幸子、村上由見子訳 ~ネオリベラリズムがもたらした荒涼たる世界

そうした背景に、“ショック療法”を駆使し人々を震撼させることで、アメリカ・モデルに基づいて世界を造り変えようとするアメリカ政府の隠れた戦略があった。アメリカ政府は資本主義と自由は不可分であるという幻想を作り上げていく。こうした戦略に基づいて、世界はネオリベラリズムの大きな流れに取りこまれていく。それが最高潮に達するのが、連続テロ事件後の“テロの恐怖”の喧伝であり、イラク戦争であった。また、本書は、ネオリベラリズムのもたらした荒涼たる世界を描いてみせる。リーマン・ショック後の金融危機でネオリベラリズムは頓挫したが、本書では最近の展開は触れられていない。

本書で指摘されている多くの事実に目新しいものはないが、アメリカの戦略という視点から整理してみると違った世界が見えてくる。ただ、こうした分析は往々にして“陰謀論”に陥る懸念があるが、緻密な分析と抑制の利いた文(特に原書)で救われている。

Naomi Klein
ジャーナリスト、作家、活動家。1970年カナダ生まれ。デビュー作『ブランドなんか、いらない』がベストセラーに。ほかの著書に『貧困と不正を生む資本主義を潰せ』。ニューヨーク・タイムズ、ガーディアン、『ネーション』などに寄稿。トロント在住。

岩波書店 上2625円 上496ページ
  

岩波書店 下2625円 下441ページ
  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT