日本経済の雲行きが怪しくなってきた

4〜6月マイナス成長で景気対策の思惑浮上

4〜6月期はマイナス成長に(イラスト:TAKUMI-CG/PIXTA)

日本経済の雲行きがにわかに怪しくなってきた。

8月17日に発表される今年4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率はマイナスで着地しそうだ。民間エコノミストらによるコンセンサス予想・ESPフォーキャスト調査は6月5日時点では前期比年率プラス1.7%だったが、7月9日時点では同0・72%に下方修正。8月11日にはマイナス1.55%に大幅に下方修正されてきた。

ドイツ証券は6月時点でプラス1%とみていた成長率を7月17日に下方修正し、マイナス0.7%と見込む。バークレイズ証券の最新予想はマイナス1.7%、モルガン・スタンレーMUFG証券に至ってはマイナス2%だ(いずれも前期比年率)。

消費の低迷と輸出の不振

各エコノミストが共通して指摘する下方修正の原因は、GDPの6割を占める消費が低迷していることと輸出が弱いことだ。

消費低迷の一因は、4月の軽自動車税引き上げに伴い、直前に駆け込み消費があり、その反動が出たこと。また、6月は悪天候続きで消費に逆風となった。

ドイツ証券の小山賢太郎エコノミストは「消費が冴えないのはサプライズだったが、悪天候など特殊要因が重なったことが大きい。消費のセンチメントや所得環境など、消費を構造的に下押しするような圧力は特に見あたらない」と解説する。

他方、悲観的な見方もある。

次ページ悲観的な見方も
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT