心と脳 認知科学入門 安西祐一郎著

心と脳 認知科学入門 安西祐一郎著

脳の活動や心の働きを情報という概念を基にして総合的に理解しようとする、20世紀半ば以降盛んになった知的営みを「認知科学」という。本書は、その認知科学の専門家による入門書である。認知科学とは何か、その基礎となる考え方、歴史、現状と将来の課題が解説されている。

認知科学の世界では、脳と心を、感情や社会性、記憶、思考などさまざまな要素が相互作用しながら機能的に働く情報処理システムと見なす。与えられた情報によって、脳と心がどう変化するかを読み解くことで、人間の営みを解明しようとする。医療や教育、ネットワーク社会のコミュニケーションなど、よりよい世界作りに認知科学がどう貢献できるかも探求する。

岩波新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT