【産業天気図・非鉄金属】騰勢続く貴金属市況に、驚きの大増額続出

非鉄業界が、とてつもない儲けっぷりを見せつけている。期初には「こんな異常な市況がいつまでも続くはずはない」と異口同音に語っていた業界関係者の予想は大きく外れた。銅、亜鉛、ニッケルなどレアメタル市況は今も高値に張り付いたまま。中には騰勢を強めているものもある。
 こうした市況の謳歌ぶりを見せつけたのが、9月11日の住友金属鉱山<5713.東証>の業績予想修正だ。期初に発表した9月中間期の経常利益計画は380億円。これをなんと2.3倍の880億円に増額してきた。亜鉛・鉛の大手製錬メーカー、東邦亜鉛<5707.東証>も中間経常利益予想に対する第1四半期(4~6月)の進捗率は110%。四半期で半期分以上の経常利益を叩き出したにもかかわらず、中間予想も通期予想も修正しなかったため、同社は東証から注意を受けたほどだ。
 そもそも業績予想の基となる貴金属市況の前提価格が、各社、低過ぎたこともある。強気の社でも現在のLME価格の半分、弱気の社は3分の1程度だった。さすがに四半期決算公表時に関係各社は前提価格を引き上げてきたが、それでもまだ慎重な印象だ。来期以降、貴金属市況は反落するとしても、暴落でもなければ「超快晴」に筋雲が走る程度の好天が続くだろう。
【山本隆行記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT