「ひめキュン」は他のアイドルとは全く違う

ロック路線への変更でライバルと差別化

ご当地アイドルグループ『ひめキュンフルーツ缶』を手がける伊賀千晃氏
本記事は営業type(運営:キャリアデザインセンター)の提供記事です

競合他社と比較された結果、今回の契約は見送りに――。

このようなシチュエーションは営業マンなら誰もが一度は経験したことがあるだろう。特に競合の多い業界や、他社商品との差がわかりにくい商材を扱っている営業マンならなおさらだ。

しかし、同じく競合が多く、商品力で突出していない商材を扱いながらも、その商品を売れ筋に変えた人物がいる。それが音楽プロデューサーの伊賀千晃氏だ。伊賀氏が手掛けているのは愛媛県内で認知度98%とも言われているご当地アイドルグループ『ひめキュンフルーツ缶』だ。

『ひめキュン』が2011年3月に発売したデビューシングル『恋愛エネルギー保存の法則』はオリコンインディーズチャート1位を獲得。その後しばらくチャートで名前を見ることはなかったが、なんと2013年にはメジャーデビューを果たすまでに復活した。

アイドル群雄割拠の時代で『ひめキュン』を「最強のご当地アイドル」と呼ばれるまでに育て上げた伊賀氏。そんな彼から「売れない商品の蘇らせ方」を学ぼう。

メンバーの脱退が路線変更のきっかけに

こちらが「ひめキュンフルーツ缶」の5人のメンバー(写真:アマゾンのアルバム販売ページより)

そもそも伊賀氏は、かつて『ジャパハリネット』をプロデュースするなど、ロックバンドが専門。そんな彼がなぜ畑違いの“アイドル”をプロデュースしようと思ったのか。

「理由は2つ。ひとつは2007年にジャパハリネットが解散し、運営しているライブハウスの稼働率を上げなくてはいけなくなったから。もうひとつはAKB48創設者のひとりである芝孝太郎と六本木で飲んだ時に、ファンクラブだけで5億円の収益になると話していたことを思い出したから」

「アイドルは儲かる」そう思った。しかし、アイドルのプロデュースはまったくの未経験。伊賀氏が頼ったのは松山にいた2人の知人だった。

「俺はこれまでアイドルをプロデュースしたことはなかったから、どうやったら売れるのか見当も付かなかった。そこで、地元でメディア関連の仕事をしていた知人と、その知り合いの放送作家に声を掛けたんです」

次ページ『ひめキュン』を再浮上させるための戦略とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。