「原子力ムラ」を生きた東電・吉田昌郎の功罪

その生涯を追って見えてきたもの<前編>

高校時代、学年180人中20番くらいの成績だった吉田氏は、現役で東京工業大学に合格し、学部で機械物理学、大学院で原子力工学を専攻した。入学と同時にボート部に入部し、一年の大半を埼玉県戸田市のボートコースそばの合宿所で寝起きするようになる。

吉田は目立ちたがり屋で、図々しい奴なんですよ(笑)。ムードメーカーで、関西弁でワーッと盛り上げていく。先輩に対してもずばずば物をいう。後輩に対しても威圧的に出ているという感じではない。だから上下関係がすごく上手くまとまる。彼が入ってきて、合宿所の中の風通しががらっとよくなった。ただ非常に神経の細かい奴だなというのは感じました。周りに気を使いながらやっているなという。
――東工大ボート部の先輩の吉田氏評

 

その頃、2人の東北大学ボート部OBが東工大の指導をするようになった。ローマ五輪のエイト(8人漕ぎ)代表の佐藤哲夫と、五輪代表となった東北大学チームのサブ・コーチを務めた島田恒夫である。それぞれ石川島播磨重工業(現・IHI)と東京ガスに勤務する会社員だったが、土日は合宿所に泊りがけでやって来るなどして献身的に教え始めた。

この2人の指導を通じ、東工大の選手たちは、ボートに限らず、一流になるには何が必要かを学んだ。吉田氏はエイトの漕手として、大学2年のときに全日本学生選手権に準ずるオックスフォード盾レガッタで活躍した。その後腰を痛め、主に後輩の指導や相手チームの情報収集役を務めながら、4年間の部員生活を全うした。

東工大ボート部は格別のものだった

上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

東工大ボート部はその後も着実に力をつけ、1985年に全日本軽量級選手権(漕手の平均体重が70キログラム以下かつ最重量者が72.5キログラム以下)で初の日本一に輝き、翌年は、アジア大会派遣選考会(2000m)の予選で5分52秒29の日本最高記録をマークした。

その日、戸田のボートコースに駆け付けた東電入社8年目の吉田氏は、日本最高記録を喜び合うOBたちに、「皆さん、勝って兜の緒を締めよですよ」と戒め、選手たちを激励すべく、大きな背中を見せて合宿所のほうに駆けて行ったという。決勝で東工大は3位に終わったが、後輩たちの躍進は、その年4月に起きたチェルノブイリ原発事故で重苦しかった吉田氏の心をひと時だけでも晴らしたはずである。

吉田氏にとって東工大ボート部は格別のものだったようで、卒業後もこまめに試合やOB会に顔を出し、2013年7月に亡くなった後のお別れの会や法要にも、ボート部仲間が顔を揃えた。彼らは吉田氏を偲んで「吉田メモリアル漕艇会」を時おり開いており、直近は去る7月11日に横浜市の鶴見川ボートコースで開催された。

(後編は8月12日に掲載します)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT