【産業天気図・石油】原油高騰で在庫評価益発生だが「真水の利益」は低調。値上げに全力

石油元売り各社は、原油高騰に伴う在庫評価益で、今2007年3月期の業績予想をそろって増額修正した。原油価格高騰に伴う原油・ガス開発部門の利益拡大や、アジア向け輸出で市況が堅調な石油化学製品(合繊、合成樹脂原料)にも支えられている。
 企業会計上の利益は一見好調。だが、石油元売り各社の本業である石油精製・販売の利益は、在庫評価益を除くと、原油高の価格転嫁が遅れ、「真水の利益は低調」(新日本石油<5001.東証>)。株価は原油高騰と企業会計上の利益を好感して動いているものの、元売り各社の危機感は強い。たとえば12月決算の東燃ゼネラル(エクソンモービル系)<5012.東証>は、原油高騰をいち早くコストに反映させる会計方式を採用していることもあり、当初の計画を減額修正した。
 このためリーダーの新日本石油などは、7月から特約店向け卸売り価格を強力に上げ、価格転嫁を図っている。この勢いが続けば、石油製品のマージンも改善され、今期営業利益にも好影響を与えそうだ。原油価格が安定に向かえば価格転嫁が追い付き、景況は改善に向かおう。
【内田通夫記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT