アップル最新決算をグラフで読み解く--その強さの源泉はどこに

アップル最新決算をグラフで読み解く--その強さの源泉はどこに

アップルが18日(米東部時間)に発表した2011年9月期の第4四半期(7~9月期)決算。その最新決算を4つのグラフで読み解いてみよう。

開示された今四半期の売り上げは282億7000万ドル、純益は66億2300万ドル。4~6月期と比べれば成長カーブは寝てしまったように見えるが、昨年7~9月と比べれば売り上げが39.0%増、純益が53.7%。驚異的な成長を維持していると言っていい。

にもかかわらず株価は急落した。多くの投資家が時間外取引で売り進んだため、決算発表と同時に、株価は最初の20分ほどで一気に7%も値下がりしたのだ。
 
 この理由は、ひとえに「iPhoneの販売台数がアナリストの事前見通しよりも少なかったから」だ。一方でMacは事前見通しよりも好調だったのだが、もはや熱視線が注がれているのは、iPhoneだけなのだ。

米国では、多くのアナリストがアップルの主要製品について、事前想定を明らかにしている。その平均値を取ると、iPhoneの出荷台数については、およそ2000万台という線でコンセンサスがあったようだ。しかし、実績は1707万台。この乖離が失望売りにつながった。
 
 一方、Macは事前のコンセンサスが450万台前後だったのに対し、489万台と好調。iPadについては、ほぼコンセンサスの線で落ち着いた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。