アップル最新決算をグラフで読み解く--その強さの源泉はどこに

アップル最新決算をグラフで読み解く--その強さの源泉はどこに

アップルが18日(米東部時間)に発表した2011年9月期の第4四半期(7~9月期)決算。その最新決算を4つのグラフで読み解いてみよう。

開示された今四半期の売り上げは282億7000万ドル、純益は66億2300万ドル。4~6月期と比べれば成長カーブは寝てしまったように見えるが、昨年7~9月と比べれば売り上げが39.0%増、純益が53.7%。驚異的な成長を維持していると言っていい。

にもかかわらず株価は急落した。多くの投資家が時間外取引で売り進んだため、決算発表と同時に、株価は最初の20分ほどで一気に7%も値下がりしたのだ。
 
 この理由は、ひとえに「iPhoneの販売台数がアナリストの事前見通しよりも少なかったから」だ。一方でMacは事前見通しよりも好調だったのだが、もはや熱視線が注がれているのは、iPhoneだけなのだ。

米国では、多くのアナリストがアップルの主要製品について、事前想定を明らかにしている。その平均値を取ると、iPhoneの出荷台数については、およそ2000万台という線でコンセンサスがあったようだ。しかし、実績は1707万台。この乖離が失望売りにつながった。
 
 一方、Macは事前のコンセンサスが450万台前後だったのに対し、489万台と好調。iPadについては、ほぼコンセンサスの線で落ち着いた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT