ブリヂストンがいま北米へ大型投資する理由

ブリヂストンがいま北米へ大型投資する理由

総投資額は約825億円、過去10年で最大の投資案件──。9月、ブリヂストンが大型投資を決断した。しかもその場所は、成長が続く新興国ではない。北米だ。

ブリヂストンが投資するのは、建設・鉱山車両用の超大型ラジアルタイヤ(ORR)の新工場。北米サウスカロライナ州エイケン郡に工場を建設、2014年上期の稼働を見込む。ORRはダンプトラックやショベルローダーなどに使われる特殊タイヤで、中にはタイヤ1本で外径4メートル、重量5トンを超えるものもある。

初のORR海外生産へ数十カ国から北米を選択

今タイヤ業界は「新興国シフト」を急ぐ。ライバルの仏ミシュランは、20年までに新興国での販売量の倍増を計画。国内勢でも住友ゴム工業が、タイ工場の生産能力を世界最大規模に高める方針を打ち出している。新興国の旺盛な内需への対応に加え、輸出拠点としても育成しようというのが、業界の流れだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT