大逆風下のコマツ、なぜ今「工場投資」なのか

焦点は在庫削減、独自のIoTが始動

在庫の金額が膨らむ要因はいくつかある。大型の機種になると、1台あたりの価格で数千万~億円単位になる機械本体の影響が最も大きいが、もうひとつ見逃してならないのが、補給部品の在庫だ。

過酷な現場で働くことの多い建設機械は、多くの部品が消耗品。これらを常に品揃えし、世界中の現場にすぐ届けられる体制を整えるため、どうしても在庫量が膨らんでしまう。ちなみにコマツの場合、先述の6200億円のうち、1900億円程度がこの補給部品の在庫だ。

ただ、サービス上必要なものとはいえ、在庫が膨らみ過ぎれば、値引き販売に繋がったり、販売のメドが立たずに減損を余儀なくされたりと、たちまち大きなコストに化けるリスクが増す。当然、在庫削減に向けた努力が不可欠だ。

独自のシステムで新生産改革

コマツではこれまで、国内の粟津工場の建屋を刷新したり、小山工場にグローバルの補給部品在庫をコントロールする拠点を新設したりと、協力企業も巻き込んだ、生産性向上やリードタイムの短縮化を講じ、ムダな在庫の削減に繋げてきた。

補給部品に関して言えば、コマツは2013年3月期末に2200億円まで膨らんだ関連在庫を、今期末に1700億円まで削減する目標を掲げる。これまでの生産改善活動の結果、前期末にこれを1900億円まで削減できたが、目標までにはまだ200億円の削減が必要だ。

そこでこれまでの施策に加え、コマツは、IoT(Internet of Things = モノのインターネット)活用をテーマに、新たな生産改革にも乗り出している。たとえば、2008年からコマツの建機に標準装備され、足元で38万台超が組み込まれているのが、独自の機械稼働管理システムである「KOMTRAX」。これを通じて得られた市場情報をより精緻に分析し、工場が直接把握できるようにすることで、これまで以上に需要の変化に迅速に対応し、ムダな在庫を溜めない生産体制を目指すという。

どんな業界でも、需要の低迷する状況が続くと、工場の稼働を抑えなければならず、現場の士気も下がりがちだ。が、「メーカーにとって、生産現場は価値を創造する重要な場所」(藤塚主夫・コマツCFO)。生産ボリュームが増えない時期こそ、いかに工場の価値を上げられるかが問われるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT