北朝鮮は「中国景気後退」に耐えられるか

経済は壊滅的な打撃を受ける恐れがある

7月20日に撮影された金正恩・朝鮮労働党第一書記の様子(写真: REUTERS/KCNA)

北朝鮮が直面する数々の重圧の中でも、中国の本格的な景気後退がおそらく一番の脅威だ。それは国境を越えて壊滅的影響をもたらすだろう。

数年にわたってわずかながらも成長が続いた北朝鮮経済だが、2015年は低迷の年になりそうだ。原因の一部は平壌のエボラ出血熱対策の隔離措置にあり、一部は天候にあるが、最近の原因は中国の何百万もの投資家が起こしたパニックだ。

徹底的なエボラ対策を行った

まず、北朝鮮のエボラ出血熱の隔離措置は2015年に入っても続き、5か月にわたって大打撃を与えたあと、3月にようやく終了した。この政策はすべての入国者を21日間隔離するというもので、最終的には入国禁止措置となった。それだけの期間を北朝鮮のホテルの部屋での滞在にあてられる外国人はほとんどいなかった。当然、すでに北朝鮮に投資をした人以外には、強く訪問を思いとどまらせることとなった。

これにより貿易と観光業はただちに痛手を受けた。回復中ではあるものの、長期的影響はまだ分かっていない。結局これは、北朝鮮は安全な投資対象ではないという長年の見解を、平壌がそれとは正反対の宣伝をしようと足を踏み出したときに、増強してしまったにすぎない。

エボラ政策が終わったとき、気象に関する陰謀の結果が作用し始めた。北朝鮮は干ばつに直面している。平壌はすでに「100年で最悪の干ばつ」と言っている。乾いた天候により2015年はすでに短期の経済的苦境が起きている。春に起きた発電の中断と人的資源の管理である。

次ページ天候不順の影響は大きかった
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。