ワールドの「決断」を遅らせた創業家の体面

なぜリストラは2段階に分けられたのか

「第2段階」の人員削減を冷静に考えてみると、なぜ5月18日に店舗閉鎖と併せて対外的に発表しなかったのか、ちょっと解せません。というのも、各種報道によればワールドは今回の希望退職を経て年間30億円の人件費を削減する算段のもよう。業績改善はもともと店舗閉鎖だけでは不十分だったのです。

実は希望退職は、店舗閉鎖とブランド廃止を大々的に公表した2日後の5月20日に社内発表されています。ワールドはそれを6月12日付で提出した有価証券報告書に記載していました。

ただ、大手をはじめメディアの多くはそのことに気がつかず、大きく報道されたのは6月27日以降です。ワールドは対外的に希望退職の事実を確かに「公表」したものの、記者会見やプレスリリースのように自らが世の中に大々的に知らしめることは、この時点でしていませんでした。今もワールドのホームページには、希望退職のリリースは掲載されていません。

人員削減はなるべく目立たないように…

なぜ、こんな「2段階」に分ける必要があったのでしょうか。人員削減はなるべく目立たないように、ひっそりと進めていたように見えます。実は、ここに上山社長がトップに就くまでずっとワールドに君臨していた創業家の「体面」がありそうです。

関係者からの証言によると、創業家出身で前社長の寺井秀蔵会長(代表権あり)はこれまで、社内の大きな会議では常に「絶対にリストラはしない」と明言していたといいます。ところが、ここ数年は気心の知れた少人数でのメンバーとの会話では、「いったい、何人が適正なのか」といつも問いかけては、悩んでいたようです。

ワールドの成長は1990年代に入って加速しました。1993年に国内でいち早く、商品企画から小売り販売まで手掛ける、SPA(製造小売業)へと転換。1990年代後半からは主力の百貨店に加えて、建設ラッシュだった商業施設(SC)向けの販路開拓に力を入れました。

次ページしかし、状況は暗転した
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT