英ピアソン、「エコノミスト」株売却に向け交渉

アニェッリ一族が出資比率引き上げを希望

 7月25日、英教育・出版事業大手のピアソンは、保有する英経済誌エコノミストの50%株式の売却に向けて、同誌の既存株主と協議に入っていることを明らかにした。写真はエコノミストの表紙コピーを持つオーストリアの経済団体幹部、2014年11月撮影(2015年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[ロンドン/ミラノ 25日 ロイター] - 英教育・出版事業大手のピアソン<PSON.L>は25日、保有する英経済誌エコノミストの50%株式の売却に向けて、同誌の既存株主と協議に入っていることを明らかにした。既存株主の一角であるイタリアのアニェッリ一族は、出資比率の引き上げを希望していることを確認した。

ピアソンは教育事業に注力する意向を示しており、英フィナンシャル・タイムズ(FT)を日本経済新聞社に売却すると発表したばかり。

ピアソンは「エコノミスト株50%の売却について、エコノミストグループの取締役会や信託管理人と協議していることを確認」した。ただ「このプロセスが実際の売却に至るか、確実ではない」としている。

具体的な交渉相手は特定していない。アニェッリ一族の投資会社で、フィアット・クライスラー・オートモービルズ<FCHA.MI>の主要株主でもある伊持ち株会社エクソール<EXOR.MI>はウェブサイトで、現在4.72%の出資比率の引き上げに向け交渉していると明らかにした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。