英ピアソン、「エコノミスト」株売却に向け交渉

アニェッリ一族が出資比率引き上げを希望

 7月25日、英教育・出版事業大手のピアソンは、保有する英経済誌エコノミストの50%株式の売却に向けて、同誌の既存株主と協議に入っていることを明らかにした。写真はエコノミストの表紙コピーを持つオーストリアの経済団体幹部、2014年11月撮影(2015年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[ロンドン/ミラノ 25日 ロイター] - 英教育・出版事業大手のピアソン<PSON.L>は25日、保有する英経済誌エコノミストの50%株式の売却に向けて、同誌の既存株主と協議に入っていることを明らかにした。既存株主の一角であるイタリアのアニェッリ一族は、出資比率の引き上げを希望していることを確認した。

ピアソンは教育事業に注力する意向を示しており、英フィナンシャル・タイムズ(FT)を日本経済新聞社に売却すると発表したばかり。

ピアソンは「エコノミスト株50%の売却について、エコノミストグループの取締役会や信託管理人と協議していることを確認」した。ただ「このプロセスが実際の売却に至るか、確実ではない」としている。

具体的な交渉相手は特定していない。アニェッリ一族の投資会社で、フィアット・クライスラー・オートモービルズ<FCHA.MI>の主要株主でもある伊持ち株会社エクソール<EXOR.MI>はウェブサイトで、現在4.72%の出資比率の引き上げに向け交渉していると明らかにした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT