英ピアソン、「エコノミスト」株売却に向け交渉

アニェッリ一族が出資比率引き上げを希望

 7月25日、英教育・出版事業大手のピアソンは、保有する英経済誌エコノミストの50%株式の売却に向けて、同誌の既存株主と協議に入っていることを明らかにした。写真はエコノミストの表紙コピーを持つオーストリアの経済団体幹部、2014年11月撮影(2015年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[ロンドン/ミラノ 25日 ロイター] - 英教育・出版事業大手のピアソン<PSON.L>は25日、保有する英経済誌エコノミストの50%株式の売却に向けて、同誌の既存株主と協議に入っていることを明らかにした。既存株主の一角であるイタリアのアニェッリ一族は、出資比率の引き上げを希望していることを確認した。

ピアソンは教育事業に注力する意向を示しており、英フィナンシャル・タイムズ(FT)を日本経済新聞社に売却すると発表したばかり。

ピアソンは「エコノミスト株50%の売却について、エコノミストグループの取締役会や信託管理人と協議していることを確認」した。ただ「このプロセスが実際の売却に至るか、確実ではない」としている。

具体的な交渉相手は特定していない。アニェッリ一族の投資会社で、フィアット・クライスラー・オートモービルズ<FCHA.MI>の主要株主でもある伊持ち株会社エクソール<EXOR.MI>はウェブサイトで、現在4.72%の出資比率の引き上げに向け交渉していると明らかにした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。