英ピアソン、「エコノミスト」株売却に向け交渉

アニェッリ一族が出資比率引き上げを希望

 7月25日、英教育・出版事業大手のピアソンは、保有する英経済誌エコノミストの50%株式の売却に向けて、同誌の既存株主と協議に入っていることを明らかにした。写真はエコノミストの表紙コピーを持つオーストリアの経済団体幹部、2014年11月撮影(2015年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[ロンドン/ミラノ 25日 ロイター] - 英教育・出版事業大手のピアソン<PSON.L>は25日、保有する英経済誌エコノミストの50%株式の売却に向けて、同誌の既存株主と協議に入っていることを明らかにした。既存株主の一角であるイタリアのアニェッリ一族は、出資比率の引き上げを希望していることを確認した。

ピアソンは教育事業に注力する意向を示しており、英フィナンシャル・タイムズ(FT)を日本経済新聞社に売却すると発表したばかり。

ピアソンは「エコノミスト株50%の売却について、エコノミストグループの取締役会や信託管理人と協議していることを確認」した。ただ「このプロセスが実際の売却に至るか、確実ではない」としている。

具体的な交渉相手は特定していない。アニェッリ一族の投資会社で、フィアット・クライスラー・オートモービルズ<FCHA.MI>の主要株主でもある伊持ち株会社エクソール<EXOR.MI>はウェブサイトで、現在4.72%の出資比率の引き上げに向け交渉していると明らかにした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。