【産業天気図・外食】景気回復を追い風にようやく底固め。企業買収は一層加速へ

外食産業の06年度は、上期は「曇り」だが、下期は「晴れ」に改善する見通しだ。
 外食産業の市場は1997年のピーク以後、右肩下がりの状態が続いている。06年度も業界全体の急速な回復までは見込めそうにない。ただ昨今の景気回復基調、デフレ脱却基調は産業全体にとって大きなプラス要因。実際、「デフレの象徴」とされてきた日本マクドナルドホールディングス<2702.JQ>は今春に一部値上げを実施したが、その結果、既存店売上高は前年比で大幅増となるなど、客単価の減少にはようやく歯止めがかかりそうだ。
 個別企業の動向を見てもそれは明らかだ。先日、MBOを発表した外食最大手のすかいらーく<8180.東証>は、利益の過半を稼ぎ出す低価格レストラン「ガスト」でのドリンクバー値上げが奏功し、既存店売上高も2.5%計画。牛丼最大手の吉野家ディー・アンド・シー<9861.東証>も米国産牛肉の輸入再開を前提に下期から牛丼を再開。既存店は前期比12.5%増と復活を見込む。
 また「すき家」のゼンショー<7550.東証>、「甘太郎」のコロワイド<7616.東証>、「牛角」のレックス・ホールディングス<2688.ジャスダック>などを軸に、今期も企業買収が吹き荒れそうだ。
【風間直樹記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?