シャープ「ガラパゴス」の顛末、わずか10カ月で軌道修正


 「これは問題ですよ、本当に」。

強気だったシャープの片山幹雄社長もついに6月、報道陣の前でガラパゴスの不調を認めた。翌月には基本ソフト(OS)を自社開発から、多様なアプリが利用できる米グーグル「アンドロイド」へと変更。専用端末から多機能端末路線へと舵を切りテコ入れを図ったが、厳しい状況は変えられなかった。

「まだガラパゴス事業から撤退するわけではない」。シャープはそう強調する。カルチュア・コンビニエンス・クラブとの提携は途切れたが、独自でコンテンツ配信事業の品ぞろえを強化する。多機能性を全面に打ち出した新機種の投入も予定しているが、競合は多い。

アップルを見習い、ハードからサービスまで一貫提供するという当初の理念が消えた、「ガラパゴス」。その存在意義が今、問われている。

シャープの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(本誌:西澤佑介 撮影:大澤 誠 =週刊東洋経済2011年10月1日号、一部加筆)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT