【産業天気図・証券業】相場低迷で売買代金も低調か

今06年度の天気は「曇り」。口座数の伸びは続いているが、昨年度後半のような伸びは勢いをなくしている。首位のイー・トレード証券<8701.ジャスダック>は、5月の月間売買代金が約6.6兆円と、10兆円を超えていた昨年12月、今年1月のような勢いがない。8月までの期間限定で手数料引き下げキャンペーンを行っているが、相場の低調も響き、売買代金の伸びにつながっていない。
 松井証券<8628.東証>は4月からの手数料引き下げの影響が大きい。5月の1日平均売買代金は1125億円と、今年2月の6割の水準にまで落ち込んでおり、相場低迷の直撃を受けている。手数料を変更していないマネックス証券(マネックス・ビーンズ・ホールディングス<8698.東証>傘下)、カブドットコム証券<8703.東証>も、1日平均約定件数が減少している。
 ただ、昨年度も前半は不調だったが、尻上がりに相場が活況を呈し、空前の好決算となった。相場次第では下期回復の可能性もありそうだ。
【山田徹也記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT