「朝マック」が10月にも終日メニューへ

米マクドナルドの新方針

 7月21日、米ファストフードチェーンのマクドナルドが、早ければ10月にも全米の店舗で終日朝食メニューの提供を開始する可能性がある。サンフランシスコで5月撮影(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[21日 ロイター] - 米ファストフードチェーンのマクドナルド<MCD.N>が、早ければ10月にも全米の店舗で終日朝食メニューの提供を開始する可能性がある。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が21日、社内メモを情報源として伝えた。

報道によると、マクドナルドは3月に試験的に朝食メニューを終日提供し始めたところ、結果は上々だったという。メモはマクドナルドが従業員とフランチャイズ加盟店に宛てたもの。

マクドナルドのコメントは得られていない。

同社はこの他にも、顧客を引き付けるために特別注文バーガーや、ケールやホウレンソウの入った朝食用サラダといったより健康に気を配ったメニューを試験的に提供している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。