「朝マック」が10月にも終日メニューへ

米マクドナルドの新方針

 7月21日、米ファストフードチェーンのマクドナルドが、早ければ10月にも全米の店舗で終日朝食メニューの提供を開始する可能性がある。サンフランシスコで5月撮影(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[21日 ロイター] - 米ファストフードチェーンのマクドナルド<MCD.N>が、早ければ10月にも全米の店舗で終日朝食メニューの提供を開始する可能性がある。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が21日、社内メモを情報源として伝えた。

報道によると、マクドナルドは3月に試験的に朝食メニューを終日提供し始めたところ、結果は上々だったという。メモはマクドナルドが従業員とフランチャイズ加盟店に宛てたもの。

マクドナルドのコメントは得られていない。

同社はこの他にも、顧客を引き付けるために特別注文バーガーや、ケールやホウレンソウの入った朝食用サラダといったより健康に気を配ったメニューを試験的に提供している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。