英スーパー最大手・テスコが日本撤退、気になる店舗の売り先

英スーパー最大手・テスコが日本撤退、気になる店舗の売り先

日本に上陸した流通外資が、また1社撤退する。英スーパー最大手のテスコは8月31日、日本事業の売却を発表。フィリップ・クラークCEOはロンドンでの会見で、「規模が足りなかった」と進出8年で成果が出なかった理由を語った。

テスコは2003年6月、関東で小型格安スーパー「つるかめランド」を経営するシートゥーネットワーク(C2)を買収し、日本進出。当時C2は営業利益率7%と小売業随一だった。04年にフレック(千葉)、05年にタネキン(東京)を買収。「テスコ」名でも出店し、最盛期137店(現129店)まで増やしたが、店舗面積は70平方メートルから800平方メートルと様々。世界統一のオペレーションができず看板も統一できなかった。

「スーパーは外食やアパレルと違い、自社ブランドで売り込むのが難しい」(ATカーニーの後藤治パートナー)。消費者の認知を高めるには、ドミナント化や地域に根差した商品の圧倒的な品ぞろえが必要だ。テスコも鮮魚専用加工センターを整備、漬け物や納豆でPBを開発したが、結果を出せず。既存店は前年割れが続き、「半数以上が黒字だが事業全体では赤字」(テスコジャパン)だった。

本命の候補はイオン?

デフレに少子高齢化、消費税率アップと、今後も日本は成長を見込めない。中国など新興国に経営資源を集約するほうが合理的だ。テスコが日本市場で通用しなかった反面、テスコ自身が日本を見限った側面もあるだろう。

次の関心は買い手はどこかに移っている。テスコはC2買収と同様、ゴールドマン・サックスをアドバイザーに事業売却先を探しているようだ。

同じ外資である米最大手ウォルマート傘下の西友。既存店は目先底を打ったものの、「既存店強化、新規出店、M&Aのすべてを視野に入れる」(スティーブ・デイカスCEO)と、自らの日本残留を明言するにとどまる。

人気記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。