冬の節電商戦に前のめり、異例の大量供給に期待と不安

拡大
縮小


だが、前倒しで大量に商品を手当てすれば、当然、在庫リスクが高くなる。

大きな不安要素は暖冬だ。石油ストーブの場合、気温次第で出荷台数は1割前後も増減する。期待したほど需要が伸びなければ、価格競争に突入する可能性もある。消費動向に詳しい日本総合研究所の上田真弓研究員は「消費者は機能性が高いなど付加価値の高い商品ならおカネを出す。が、それ以外では安さ勝負になって、利益が出ない状況になりかねない」と指摘する。

小売り各社の戦略は吉と出るか、凶と出るか。節電特需への期待と不安を抱えながら、秋冬商戦へ突入する。

(消費動向取材班 =週刊東洋経済2011年9月17日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT